読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何を知っているか?

Mark/まあく タイトルはミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)の言葉 「Que sais-je?(私は何を知っているか?)」

スポンサーリンク

私たちは、税理士試験の適正化を要望します
このblogのおすすめ記事

「はてな」の有料サービスが説明通り提供されていないことについての問い合わせにまともに返答しない会社の見解をお伺いしたい

モノ・サービス

これまでの経緯と事実確認

私(はてなid:mark_temper)は、以前より、はてなダイアリー株式会社はてな(以下「はてな」と言う。)の運営するサービスを利用してきました。そして5月17日よりはてなダイアリープラスに加入しました。

はてなダイアリープラスに加入すると、はてなダイアリーモバイル版においてGoogle Adsense広告が掲載され、収益を得ることができるとの説明を見て加入を決めました。しかし、加入後に設定をしても、当初期待したような挙動ではありませんでした。(この点については私の誤解もあったのですが、後述します。)

なぜ説明通りadsenseが掲載されないのか、原因がわからないため、5月24日、はてなサポート窓口にメールを送って尋ねたのですが、返答がなく、6月9日に催促したところ一度返信がありましたが、その後こちらからの質問に返答はなく、長く放置されていました。


この経緯は、はてな匿名ダイアリーに投稿し、このような対応は常識的なものであるのか、はてなユーザーの意見を募りました。

この件につき、7月1日、不具合であった旨と該当者に対しサービスの無償提供措置が公表されていることに気付きました。

はてなダイアリーアフィリエイト設定で、Google AdSenseの「モバイルコンテンツ向けAdSense」の設定が反映されない不具合がありました。原因は広告表示仕様の確認漏れで、現在は修正済みです。ご利用のユーザー様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。再発防止に努めるとともに、はてなダイアリープラスの適用期間を無償で延長させていただきます。


(省略)

はてなダイアリープラスの期間延長について

この不具合の対象となったユーザー様には、下記の通り、はてなダイアリープラスの適用期間を無償で延長いたします。

(省略)

延長方法

Google AdSense側の設定を確認することが難しいため、利用された皆様からの申請を元に、期間延長を対応いたします。

上記1〜3のすべてを満たす方は、「お問い合わせフォーム」より「対象のはてなID」を明記の上、はてなダイアリープラス期間の延長をご申請ください。申請内容を確認次第、はてなダイアリープラスの期間を延長させていただきます。


しかし、7月2日現在、私に個別の連絡は頂いていません。
7月2日、メールを受け取りました。返信が遅れたことの簡単な謝罪と、無償延長について触れてありました。


モバイル版とスマートフォン版について

はてなダイアリーには、現在表示しているPC版とは別に、モバイル版スマートフォン版のビューがあります。

はてなの説明にある通り、モバイル版では、プラスに加入し設定を済ませると、ユーザーの収益になる広告が掲載されるようになります。

無料ユーザー(はてなダイアリープラスを利用していない)
はてなの広告が掲載される
有料ユーザー(はてなダイアリープラスを利用している)
Google AdsenseIDを未設定 → 広告は掲載されない
Google AdSenseIDを設定済 → ご自身の収益になる広告が掲載される

フィーチャーフォンで「モバイルコンテンツ向けAdSense」の設定が反映されない不具合について(修正済み) - はてなダイアリー日記

これはスマートフォン版でも同様であると当初思っていて、スマートフォン版からの収益を期待して加入したのですが、それは私の誤解でした。スマートフォン版を表示してみるとわかりますが、広告は全く表示されません。スマートフォン版には広告を表示しない方針なのかというと、誰かの適当なはてなダイアリーを表示してみるとわかりますが、無料ユーザーのスマートフォン版には広告が表示されています。

つまり、スマートフォン版では一律に、

無料ユーザー(はてなダイアリープラスを利用していない)
はてなの広告が掲載される
有料ユーザー(はてなダイアリープラスを利用している)
→ 広告は掲載されない

となっているようで、これは既定の動作であるようです。


アクセス解析によると私のダイアリーには、現在一日約800件ほどのアクセスがありますが、Google Adsenseのレポートを見ると、400件程度のページビューしかないため、約半数は広告のないスマートフォン版で表示されていると思われます。そのことはアクセス解析のURLからもわかります。私のblogでは例えば、このページのようにiPhoneで直接検索してくる人の方がPCから見る人よりも多いページもあります。

Google Adsenseのレポートによれば、6/16から「モバイル コンテンツ向け AdSense」がカウントされるようになったため、同日からはてなのシステムが修正されモバイル版に広告が表示されるようになったと思われます。ただし、モバイル版は現在アクセスが非常に少なく、一日10件から20件で、収益は全く発生していません。


なぜスマートフォン版では、モバイル版のように広告の有無を選べるような設定になっていないのか、疑問が残ります。そもそもモバイル版とスマートフォン版の違いについて説明しているページが、はてなのヘルプ内に見当たらないように思いますし、私のようにモバイル版とスマートフォン版を混同する人も相当数いるだろうと思います。

スマホが普及している現在では、モバイル版を開いて、モバイルコンテンツ向けAdSenseが表示される人はかなり少なくなっていると思われ、スマホ版にも表示されないのなら、はてながこのオプションを用意すること自体にほとんど意味がないです。(ちなみにPCからモバイル版のURLを表示しても、モバイルコンテンツ向けAdSenseは表示されないようです。)

当方からの要望と質問

株式会社はてな 代表取締役 id:jkondo
サポート窓口担当者様


御社がこの不具合を知覚したのは、私の問い合わせメールがきっかけであったと思われ、事実の公表と対応のリリースと同時に、私に対しては個別に説明を行うのが当然と考えます。ダイアリープラスの無償提供についても、私から改めて申請しなければいけないのでしょうか?既に当方からお送りしているメールに対し速やかにご連絡頂きたく思います。


併せまして、御社のサポート窓口の体制には非常に不満を持っております。5/24に最初にお送りしたメールについて返答が遅れたこと、6/18にお送りしたメール以後、現在に至るまで返信がないことについてです。(フォームからの自動返信メールには「数日から1週間程度」で返信する旨の記載がありました。)謝罪して頂きたく思います。


並びに、この要望を妥当と考えるかは御社の考えにお任せしますが、当方としては以下の質問にお答え頂くことを要望します。この内容については、既にインターネット(はてなダイアリー)上に公開しているものです。これは、本件に関する私の利害のみならず、既存又は将来のはてなユーザーの公共の利益に資するものであるとの考えに基づき行っています。御社からの返答の内容、又はその有無についても公表させて頂く予定です。

質問1

サポート窓口の返答が遅い、又は返答がないという事例が、私以外にも報告されています。これはwebサービスを有料で提供する事業を営む会社として、適切な体制がとられていないと私は考えますが、御社の見解をお聞かせください。また今後何らかの対策を行う予定がありますか?

質問2

はてなダイアリープラスで、PC版とモバイル版では表示の有無を選択することが出来るGoogle Adsense広告を、スマートフォン版では一律に表示させないこととしているのには、何か合理的な理由があるのですか?