読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何を知っているか?

Mark/まあく タイトルはミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)の言葉 「Que sais-je?(私は何を知っているか?)」

スポンサーリンク

私たちは、税理士試験の適正化を要望します
このblogのおすすめ記事

満員電車について考える

鉄道 社会

満員電車は人権蹂躙だ。見知らぬ人に囲まれて身動き取れない状態で長時間閉じ込められるような事が毎日のように起こっているのは異常。痴漢の発生原因の一つにもなっているし、早急に対策が必要。

解決方法は

・ラッシュアワーの運賃を上げる

・輸送力を増強する

の、2点。

東京の満員電車はすごいですよね。そんなことで外人に日本への恐怖や感心を抱かせておかなくていいです。私自身は日常的な電車通勤・通学はほとんどしたことないのですが、ああ、そうそう、愛知万博勤務時はやばかったですね。朝5時に起きて乗る地下鉄は空いているのですが、藤が丘での乗換えで30分も並んでぎゅうぎゅうのリニモに乗って、あれはよくやったと思います。さて、思うところを書いていたら膨らんでしまったのでここに書きます。よろしくお願いします。

輸送力は増強できるか

まずこちらから。これは現実的にかなり難しそうだなぁと思います。1編成当りの車両を増やすにはホームを延長する用地が必要なんですよね。しかもその列車の停車する全駅を対応させないといけません。果たして東京でそれが可能な路線はあるんでしょうか、、、線増においてはなおのことです。本数増は路線毎に線路容量いっぱいいっぱいのところまでやってるんじゃないかと思うのですが、それともう一つ後述する理由があります。

というわけで輸送力の増強については、建設中の新線を除いて既存の線では増強の余地がないのではという見方です。

過度の混雑は無駄を生む−通勤ラッシュで鉄道会社は儲からない

ラッシュアワーの運賃を上げる
これはかなりいいんじゃないかな、と思います!経済的なインセンティブを与えて自主的な分散を促すのは面白い発想です。全ての人が朝一斉に就業する必要はないわけで、10時、11時、昼過ぎから出社の人がいてもいいでしょう。業種によって対応が容易なところと、接客業とかどうしても難しいところはありそうなので、経済的負担について国の補助や規制が必要かもしれませんね。

もっと極端なことを言ったら昼夜ひっくり返ってもいいんです。原子力発電所の発電量は短時間で変化させることができませんから、ピーク時に合わせた発電で夜は余った電力を捨てていたと思います。電力需要を一日通して平準化させることがエネルギーのロスを減らしエコにもつながります。昼と夜とで活動する人が半分ずつになるのが究極のエコだという話があります。ライフスタイルの変化を伴うのでいきなりは難しいかもしれませんが私のように夜型人間もいますし検討してみる余地はあるかと。

鉄道側の対応としては、改札入場の時刻によってラッシュ時の運賃を上げることでいけますかね。IC乗車券の普及は制度導入の後押しともなりそうです。ETCの如く、特定の条件下で割引することも可能ですし。

JR東は普通列車でグリーン料金の段階分けを導入しました。平日料金・ホリデー料金、事前料金・車内料金で4段階の料金体系があります。技術的改修・制度変更の規模では比ではないですが、この前例が決して無理ではないと思わせてくれる気がします。これは相応のコストを払ってでも社会全体で改善すべき問題だと思うからです。

満員電車が走る状況は鉄道会社にとってもうれしい話ではありません。電力需要と同じでラッシュ時に必要なだけ走らすためのたくさんの車両は、昼間の暇な時間は余って車庫で寝ているのです。保有する車両が増えれば保守や検査に余分なコストがかかりますし、新車導入時のコストも大きくなります。郊外と都心部を結ぶ路線の場合、輸送需要は上り下りの片方向に集中していますから、行きはいっぱいでも帰りは空いているはずです。過度の混雑は輸送障害の発生も増え、鉄道員は安全確保のために神経をすり減らします。これから山手線にホームドアを整備するのに大量の投資をするそうですが(車両側を合わせるためにまだ車齢の若い車両も更新されるらしい)時差通勤対策に投じたほうが賢明な気がします。そもそも今のような混雑を放置したまま投入してまともに稼動できるんですかね?駆け込み乗車が相次いで全然発車できなくなったりして。

自転車通勤という手も

自転車通勤に転換するっていうブコメがありましたがこれはよいですね。会社が距離に応じて自転車通勤の手当てを出すようにすれば、がんばる人も出てくるんじゃないかと思います。エコだし渋滞にも強いし。

日本の労働者よ、抗議せよ!

これらの実現上で、一番問題なのは

「満員電車はしょうがない」

と、思考停止している利用者にある。

利用者が文句を言わない限り改善は全く期待できないが、文句を言う人が全然居ないため事実上放って置かれている。

ちゃんと言うべき事は言わないとダメ。「満員電車はおかしい」と言わない人は人権蹂躙の共犯者だし、痴漢の共犯者。

全くです。日本人、なんでこんなにおとなしいんでしょうか。間違ったことには抗議して勝ち取らなきゃダメです。考える前から仕方のないものとあきらめるのは思考停止です。みんながあきらめてるから誰も本気で対策を考えないのです。女性専用車両を導入しただけで安心していてはダメです。根本から変えましょう。