読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何を知っているか?

Mark/まあく タイトルはミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)の言葉 「Que sais-je?(私は何を知っているか?)」

スポンサーリンク

私たちは、税理士試験の適正化を要望します
このblogのおすすめ記事

軽くてたくさん収納しても出し入れしやすいSTARTTSのビジネスバッグがかなりいい感じ

モノ

どうも平均してみると俺は半年に一つくらいのペースで新しい鞄を買ってしまっているようです。そんな俺が最近手にいれた鞄を浮かれ気分で紹介します。今回手に入れたのはSTARTTSという2012年にできた新しいメーカーのビジネスバッグです。こう見えてすごく軽い。手持ち、肩掛け、リュックにもなる3WAY仕様でたくさんあるポケットも中身が取り出しやすいです。


ちなみにこれまで使ってきた鞄です。




一つ前の鞄(皮っぽい茶色のリュック)も東急ハンズで買ったのですが、これは特売でなんと1200円で手にいれました。処分品の業者から仕入れたような感じでしたが、6000円の正札がついていて、かなりよい買い物でした。ハンズにあるものは基本的に質がよくて、ゲリラ的に出店している安物業者の商品のように壊れたりしないので信頼しています。今回紹介する鞄はそんなに安くはないですが、普段から荷物が多めで機能性にこだわりのあるものが好きな人には特にオススメの一品です。





東急ハンズ名古屋店の店頭では、軽さと撥水性を売りに出してディスプレイされていました。表面は二重のポリウレタン加工、止水ファスナーになっていて、雨や汚れにも耐えられそうな頼もしいつくりです。


でも俺が一番気に入ったのは実は、中地が青色の格子柄でお洒落なところ。明るく光を反射する色なので奥にいれたものを見やすくする効果もあります。エクスパンダブルのファスナーを広げると5センチほど広がり、折り畳まれている底板も対応。書類をたくさん入れたり、一眼レフカメラやパソコンを入れても余裕で収納。




中のポケットには、パソコンやペンなどそれぞれ収納するものを表したピクトグラムのタグがついています。こういう趣向が好きな人は好きなんじゃないでしょうか。俺はその類です。ポケットの多い鞄は珍しくもないのですが、実際に使ってみると出し入れがしにくかったり、どこに何を入れたかが見にくいものも少なくないです。この鞄はポケットが手前に引き出せるようにマチがついていたり、取り出しやすさをよく考えて作られているように思います。


リュックにすると向きが90度変わるので中身の入れ方によっては注意が必要かも。もちろん使わないときはベルトをすっきりと収納できます。


ポーターのHEATシリーズはマグライトがついていますが、このバッグもオリジナルのLEDライト付き。


使うかは分からないけど、スマホを入れたまま操作できるケースはベルトに取り付けられます。


かなりうきうきしながらの紹介でした!