読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何を知っているか?

Mark/まあく タイトルはミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)の言葉 「Que sais-je?(私は何を知っているか?)」

スポンサーリンク

私たちは、税理士試験の適正化を要望します
このblogのおすすめ記事

いらないものを簡単に換金できる!amazonのDVD買い取りサービスを利用してみた

amazon.co.jpでDVDの買い取りサービスが利用できるようになりました。手順は簡単。いつもの商品購入ページから、買い取りサービスのボタンをクリックします。申し込む時点でいくらで買い取ってもらえるのか金額が明示されていて、既にamazonにアカウントを持っている人なら特に面倒な作業もありません。

今回はこれ、「プリズンブレイク」シーズン1のDVDボックスを買い取ってもらいます。わけあって手に入れたのですが、見る時間がないため、泣く泣く手放すことにしました。とても残念です。まあまた見たくなったら、その時買えばいいでしょう。

今は買い取り価格が下がっているようですが、私が申し込んだ時点では最高1880円での買い取りでした。買い取り価格は商品のコンディション(非常に良い、良い、など)で多少変わります。この「プリズンブレイク」は新品同様のため、最高価格になる「非常に良い」を選択しました。


後日、佐川急便が集荷にやってくるので日時を指定します。日曜日に申し込みをして、次の日の夜間(16時-20時)を指定できました。

画面の指示に従って、買い取り申込書を印刷します。商品の情報などがプリントされているので後はそこにサインするだけです。それと、身分証明書のコピーとを売る商品に添えて、梱包します。



梱包は、箱か丈夫な封筒かとなっていましたが、プチプチで包んで紙袋に入れ、ガムテープでしっかりと巻いておきました。宅配のラベルは佐川急便が持って来てくれるのでこちらで用意する必要はありません。


次の日、予定通り佐川急便の人がやってきたので梱包したDVDを手渡して、こちらの作業は全て完了です。



集荷に来た翌日の18時半にはメールが届いて、Amazonギフト券が受け取れました。申し込み当初の価格通り1880円での査定です。



ブックオフに売りにいくのと大して変わらない労力で、簡単にいらないものを売ることができました。しかも事前にいくらで買い取ってもらえるのかがわかっていますから、ブックオフに持って行っていざ査定価格を見てがっかりするようなこともありませんね。


実際の買い取りはアマゾンではなく、株式会社ティーバイティーという会社が行っています。愛知県の会社のようです。


最近私は、クレジットカードのポイントもAmazonのギフト券に交換(カード利用金額の0.5%で換金)していますから、これでますますamazon経済圏に取り込まれた感じがします。しかしこの利便性には抗い難いですね。また何か要らないものができたら使ってみようと思います。