読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何を知っているか?

Mark/まあく タイトルはミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)の言葉 「Que sais-je?(私は何を知っているか?)」

スポンサーリンク

私たちは、税理士試験の適正化を要望します
このblogのおすすめ記事

今週の振り返り

こころの記録

ふう。今週も一週間良く頑張った。あとはテスト受けるだけでほとんどの単位は取れるんだから最後までしっかりやらなきゃ。

しかし寂しい。根本的に。話しかけても返事が無い。無視されてる。けどあきらめない。落ち込んではいないつもりだけど心ここにあらず。思い悩んで図書館でぼーっとして気づいたら2時間とか。

この一週間、10分以上喋った人が誰かいたかな。先生も忙しくてアポがないと会えない人ばかりだし。一番親身になって話したのはドコモショップのお姉さんだな。どうかしてる。あぁ、留学生Cのエントリーシート書くのを手伝ったくらいか。

2つの合同発表会でプレゼンしてた時が一番イキイキしてたんじゃないか。まぁそのどちらも前の人間が押してきた割を食って万全の体制でできなかったわけだが。単純にこれは準備不足。チームワークが無いのが最大の欠点。クラス内で一度も通し読みしてないんだからしょうがない。

そうだ、一人面白い人間を見つけた。前から気になってはいたが今日のプレゼンは異彩を放ってた。フィールドワークで見た野鳥の紹介で「この方は水辺にいらっしゃる・・・・」。彼はいいキャラしてる。言わばサカナ君の野鳥版。

相変わらずプレゼンの場で知らない学生に、先生だと思われてたとか。これは慣れてるので気にしない。