読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は何を知っているか?

Mark/まあく タイトルはミシェル・ド・モンテーニュ(1533~1592)の言葉 「Que sais-je?(私は何を知っているか?)」

スポンサーリンク

私たちは、税理士試験の適正化を要望します
このblogのおすすめ記事

心の避難所がない

私的記録

久しぶりに人前で泣いた。最近は少し落ち着いたかなと思ったけど、大学に近づかず誰とも会わなかったからだけみたい。何も解決してなかった。

(たまに生活のリズムが崩れて飲めないけど)薬はずっと飲み続けて、2週に一辺病院に行って、何か変化があったのだろうか。神戸で受けている認知療法はまだ時間がかかるだろう。

俺がいろいろめんどくさいことを話したら、相手になってくれた人がいたけど今はいない。俺の病みが深すぎて友達でなんとかできるレベルを超えてるんだろうなってのはなんとなくわかる。だからみんなが離れていったのは仕方がないのかなとも思う。だけどどうすりゃいいんだろう。

プロだってそうそういないんだよ。医者だって2週にいっぺんだとか3週にいっぺんだとかの予約した時間に行ってやっと10〜3,40分診てもらえるんだから。今日までに何がありましたか、どんな気分ですか、って聞かれて答たり答えられなかったり。遅刻しそうで慌てて行った時とか、気分が優れなくてうまく考えがまとめられない時とか、限られた時間に自分の状態を的確に伝えるのは結構大変なのだ。そこでうまくいかないと、また2週後。2回行ったらすぐ1ヶ月だ。

もちろん医者にかかるってことは患者の側も準備をしてかからなければいけないというのは承知している。何をわがままなことを言っていると思われるかもしれない、心が健康な人だったら。だけどそれがうまくできなくて困ってるから病気なのに。医療機関の数だってそんなに十分あるとはいえない。カウンセリングが受けられるところがあっても保険診療が利かなくて負担は大きい。

「今苦しい。なんとかしたい。」って思ったときに頼れるものなんか何にもないんだ。もっと気軽にかかれるところが欲しい。



一時期は思いつく人に順に電話していったりもしたけど、あんまり気のない返事だったりどうも嫌がられてるなって思ったりして、結局友達って言えるほど親しいわけでもないのに迷惑だったかなって思って止めたら誰も残らなかった。そのことに気づいたときは愕然としたよ。実は最初から友達なんていなかったのに何か勘違いしてたんだって。

一人だけ、メールを送ってももうずっと返事はこないんだけど見てくれてんのかなと思うから送り続けてる。次話すのはいつになるんだろう。

自分で折り合いをつけて乗り越えないことにはどうにもならないんだなと思う。

p.s.
これをアップしている喫緊ではそれほど落ち込んでいないので大丈夫です('A`)